ゲストハウスの事前調査

申請の手順・要件

旅館業許可を取得できる可能性があるかどうかを事前に調査しておく必要があります。

主に以下の点について、調査を行います。

建築基準法上の違反がないかどうか?

建築基準法に違反するような増改築を行っていないかどうか、建蔽率や採光が基準以上であるかどうかを調査する必要があります。

都市計画法上の用途制限に合致しているかどうか?

物件の所在地によっては、旅館を営業すること自体ができない地域もあります。

営業することができない地域は以下の地域となります。

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 工業地域
  • 工業専用地域
  • 第一種住居地域(3,000㎡超えの施設のみ不可)

施設が100㎡未満であるかどうか?

100㎡以上の施設で旅館業許可申請を行う場合は、建築確認(用途変更)が必要となり、用途の目的を「旅館」などに変更する必要でてきます。

この用途変更の手続きは主に建築士などが行いますが、費用も高く(通常100万円以上かかることも多いです。)、検査済証等の各種資料も必要となりますので、古い物件などでは用途変更自体が不可能な場合も多々あります。

ひかり行政書士法人では、初回無料の旅館業許可や会社設立、民泊営業に関する相談会を実施していますので、まずはお気軽にお電話ください。

旅館業での独立・開業の支援や、旅館業許可の各種申請につきましては、京都府、滋賀県を中心に、大阪府、兵庫県、奈良県など多数サポート実績がございます。

メールでのお問い合せは24時間承っております。返信には2,3営業日かかる可能性がございますので、お急ぎの方はお電話でご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

旅館業許可
会社設立+旅館業許可
民泊営業

ページトップへ戻る